• ホーム
  • ミコナゾールとびまん性尖圭コンジローマの強迫性障害

ミコナゾールとびまん性尖圭コンジローマの強迫性障害

2020年01月05日

水虫に悩まされてしまう人は世の中には多く、足の指に水虫ができてしまって苦しい思いをすることもあるでしょう。
感染症であるため他人からうつされてしまうことも多く、身体と身体を接触させるような場面があると高い確率で感染してしまうことになるでしょう。
水虫の薬は薬局で買うこともできますが、あまり効果がなくて結局は医者に通うことになるということも珍しいことではありません。
その際に塗り薬であるミコナゾールを処方されて塗ってみるとみるみるうちに症状が改善していくという経験をする人も大勢います。
ミコナゾールは水虫やカンジダ菌などに有効性の高い殺菌性のある治療薬であり、市販の薬に比べると極めて強力だからです。
そういった治療経験を持つと、何か皮膚症状がでたときにミコナゾールを使えば治ると考えてしまいがちになります。
性病として知られる性器カンジダでは炎症が生じることも多いですが、その治療に使ってみるとやはり著効が得られて良い経験をすることができます。

一方、尖圭コンジローマがびまん性のイボを生じると湿疹のような症状が表れますが、その治療にも有効ではないかと考えて使用すると効果がなくて愕然とするでしょう。
びまん性である場合には湿疹がカンジダによるものだと勘違いしてしまう場合も多く、尖圭コンジローマに特徴的なイボとは似つかないこともあるのです。
その治療ができるはずだと考えてミコナゾールを使わねばという気持ちが強くなってしまい、強迫性障害になることもあります。
強迫性障害となると効果がないと気づいていてもしなければならないという気持ちが強くなってしまいます。
水虫治療から始まってびまん性の尖圭コンジローマになることで強迫性障害につながるような事態にもなりうるのです。